TOP

立派な狛犬の石造がまさか風俗の入り口になっているとは思いもしなかった。。

こんな詐欺のお店もある

デリヘルと一言で言っても、本当に多くの種類があるので、どういったデリヘルかを選んで利用する必要があります。そのほとんどはHPを見れば、そこでどういったお店なのか分かりますが、ちょっと怪しいお店になってくると、システムや説明などがほとんど記載されていないので、呼んでデリヘル嬢と楽しんでみないとわからないところもあるのです。私はそういったお店を利用することもあるのですが、この前利用したお店は、ちょっと詐欺っぽいお店だなと感じたのです。普通デリヘルといえば、本番以外のプレイは可能というケースが多いですが、手のサービスだけと言われました。値段がそれなりに安いのなら納得できますが、たったそれだけのサービスで14000円も取られたのです。これでこの金額はさすがにボッタクリですよね。それ以外のサービスもデリヘル嬢にお願いしてみましたが、さらに追加料金が必要と言われてしまったので、仕方なく手だけのサービスで終了するという結果となりました。

好みのおっぱい

おっぱいが一番で、ルックスは二番の私は、デリヘル利用時は当然ながらおっぱい優先で女性を探します。ただおっぱいが大きければ良いというのではなく、小さくても構いません。それよりも、おっぱいの形と乳輪の大きさ、垂れ具合などが重要となります。これらの要素をネットの写真だけで探すのは相当困難で、写真で見れる下着の具合から判断しています。的中率は3割と全然高くありませんが、それでも理想のおっぱいに出会った時の感動は最高で、その時の感動があるからこそデリヘルの利用がやめられないのです。よくギャンブルは勝った時のアドレナリンが出た状態を忘れられずにハマってしまうと言われていますが、それに似ている気がします。理想のおっぱいを持つデリヘル嬢に出会えた時は、プレイはおっぱい中心になるのが当然です。最悪ひたすらおっぱいを揉んでいるだけでも満足できてしまいますが、さすがにそれ以外にも一応サービスをしてもらい、楽しんで帰ります。



消したい思い出

ノリというものは怖いもので、私が学生の時に利用したデリヘルのことを話します。当時大学に通っており、遊ぶお金のためにアルバイトもしていました。そこそこバイトに入っていたので、毎月10万円ぐらいもらっていました。仕送りもあったので、普通に色々な遊びができましたが、あるデリヘルを呼びたくなった時がありました。ただ、バイトの給料日前だったので、お財布には一万円しか入っていません。ホテル代も払えないので、自宅に来て1万円で遊べるデリヘル店を探したら、意外にもいくつか見つかり選びました。指名なし、チェンジなしの50分コースでピッタリ1万円です。チェンジなしというのは怖かったですが、モンモンとしていたので利用したのです。家のチャイムが聞こえ、運命の扉を開くと、相当なおばちゃんの登場です。50歳ぐらいの方で、当時私の母よりも上の年です。チェンジは無理なので、もうどうにでもなれという気持ちで、そのままプレイをしたのです。感想はもう最悪で、思い出すとゲロ吐きそうになる思い出です。